ようこそ 一般社団法人和歌山県社会福祉士会 ホームページへ!

20171007

2017年度 地域包括ケア全国実践研究集会  

地域共生社会を拓く地域包括ケアシステムとソーシャルワーク
〜「受け止める」から「行動する」へ〜


 地域包括ケアシステムの構築は高齢者だけでなく、全世代・全対象へと展開されようとしています。その取り組みの先にある姿は地域共生社会の実現です。
 地域共生社会とは、多様で複雑化するニーズを抱えた人たちを支え、全ての地域住民が、暮らし、生きがいをともにつくり、高め合う社会とイメージされます。こうした社会をつくるためには、包括的な相談支援体制の構築とともに住民が主体的に地域課題を把握して解決を試みる体制をつくる必要があります。
 このような状況の中で、ソーシャルワーカーには、単に様々な課題を受け止めるだけではなく、具体的な行動が問われています。すなわち、個別支援の力量と同時に、地域のさまざまなマンパワー・機関と協働し、地域共生社会を実現していく行動力が求められています。
 そこで、日本社会福祉士会ではこれらの流れを踏まえて、全世代対応型の地域包括ケアシステムを展開し地域共生社会実現へと進んでいくための環境システムへの働きかける力をテーマとして「地域包括ケア全国実践研究集会」を開催します。


開催日  

2017年10月7日(土) 10:30〜17:00

会場  

上智大学 四谷キャンパス 6号館2階205号室  アクセス
  (〒102−8554 東京都千代田区紀尾井町7−1)

プログラム(予定)  

  • オリエンテーション・開会あいさつ
  • 【講演1】「社会的結束を促す地域共生社会を創るソーシャルワーク」
  • 【講演2】「地域共生社会を拓くソーシャルワーク(仮)」
  • 【シンポジウム】「地域共生社会を目指して行動するソーシャルワーカー(仮)」
  • 閉会挨拶
  • 懇親会 (希望者のみ)
詳細はfile開催案内チラシ をご覧ください。

参加対象  

地域包括支援センター職員、社会福祉協議会職員、行政職員、サービス提供事業所等の職員、その他全ての相談機関の関係者など

定員  

180名(先着順)

参加費  

都道府県社会福祉士会の会員9,000円
会員以外12,000円
※資料代を含む

申込方法  

file所定の申込書 にてFAXまたは郵便によりお申し込みください。
                     (※電話申込不可)

申込締切  

8月25日(金)まで 先着順

  • FAXの場合は必着、郵便の場合は消印有効
  • 参加の可否を9月上旬までに書面にて通知します。
  • 参加の可否の通知と合わせて、会場案内、参加費の納入方法、キャンセルの扱い等についてもお知らせします。

研修単位  

本研修は生涯研修制度独自の研修・実績(ー匆駟〇禹硫颪行う研修で認定社会福祉士制度の認証を受けていない研修)の5時間になります。

主催  

公益社団法人日本社会福祉士会 (所管:地域包括ケア推進委員会)

後援(調整中)  

社会福祉法人全国社会福祉協議会、全国地域包括・在宅介護支援センター協議会
一般社団法人日本介護支援専門員協会、一般社団法人日本ケアマネジメント学会
一般社団法人日本ソーシャルワーク教育学校連名、社会福祉法人東京社会福祉協議会

問い合わせ先  

(公社)日本社会福祉士会 生涯研修センター
  担当:北村毅、赤沼
  TEL 03−3355−6541 / FAX 03−3355−6543

powered by Quick Homepage Maker 3.60
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional