ようこそ 一般社団法人和歌山県社会福祉士会 ホームページへ!

スーパービジョンについて

認定社会福祉士制度 スーパービジョン  

認定社会福祉士認証・認定機構が定めたスーパービジョンの枠組みにもとづき、スーパービジョンを受ける・することで、認定社会福祉士及び認定上級社会福祉士取得や更新に必要なスーパービジョン実績の単位の取得ができます。


まずは、認定社会福祉士認証・認定機構のホームページの
  スーパービジョンについて をご一読ください。


※和歌山県社会福祉士会会員については、日本社会福祉士会ではなく
 和歌山県社会福祉士会が申し込み先になっておりますので、ご注意ください。

●目的● 認定社会福祉士 "取得" に必要なスーパービジョン(受ける)  

スーパーバイジーの実践学習と専門職としての知識と技術への訓練を促進・支援するためにソーシャルワークの視点から実施するもので、スーパーバイジーとなる社会福祉士が次の各号に掲げる事項を獲得することを目的とする。

  1. 社会福祉士としてのアイデンティティを確立する。
  2. 所属組織におけるソーシャルワーク業務を確立し担えるようにする。
  3. 専門職として職責と機能が遂行できるようにする。


●基本的な枠組み(抜粋)● 認定制度のスーパービジョンについて  

※機構がスーパービジョン実績として扱うのは、当面個人スーパービジョンです

  • 実施前に、スーパーバイザーとスーパーバイジーが1年間のスーパービジョン実施契約を締結する。
  • 1年間に6回以上、1回1時間以上のスーパービジョンを行う
  • 1年間に6回以上受けることでスーパービジョン実績2単位となる
  • 5年間行うことで認定社会福祉士申請に必要な10単位となる
  • 5年の間、スーパーバイザーは同じ者である必要はない


スーパービジョン実施の流れ  

1年間に6回以上のスーパービジョンが1区分になります。
この1区分の流れは次のようになります。

  1. スーパーバイジーからスーパーバイザーへの連絡(依頼)
  2. 事前面談
  3. 契約
  4. スーパービジョンの実施(1年間に6回以上)
  5. 統括

和歌山県社会福祉士会では  

和歌山県社会福祉士会では2017年度より実施しています。

  • 5月中旬頃(目安)、新基礎研修圭の纂へ開催要項を送付しています。
    開催要項添付の「スーパービジョン申込書」での申込みが、上記(スーパービジョン実施の流れ)の 1.スーパーバイジーからスーパーバイザーへの連絡(依頼) に相当します。

  • 7月頃(目安)、オリエンテーションを実施します。
    (オリエンテーションは、受講決定者全員が一斉に受講します)
    オリエンテーションは、上記(スーパービジョン実施の流れ)の 2.事前面談 に相当します。

powered by Quick Homepage Maker 3.60
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional